clock2013年11月14日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

ビフィズス菌ってどんな菌?

A

ヨーグルトなどビフィズス菌入りの食べ物や飲み物はよく知っていても、ビフィズス菌がどんなものであるのかを知らない人は多いのではないでしょうか。私たちの生活にすっかり馴染んでいるビフィズス菌。その特長や魅力を、きちんと知っておきましょう。

 

ビフィズス菌は善玉菌のエース!

私たちの腸の中には、数百種類、数百兆個以上の細菌が棲んでいます。それらの菌は、人の身体に良い影響を与える善玉菌、腐敗産物などを生み出して悪影響を及ぼす悪玉菌、それ以外の中間菌に分類され、それぞれが腸内でせめぎあっています。これらの菌の中で腸内環境を整えてくれる善玉菌に分類され、特に有名なのが、ビフィズス菌なのです。

 

人の腸内に棲むビフィズス菌は約10種類

ビフィズス菌というのは、ビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)属に分類されている菌の総称のこと。ビフィズス菌の種類は、現在のところ約40菌種にありますが、その中でも人間の腸内に棲むとされるのは約10種類。そして、同じ人間でも人によって腸内に棲むビフィズス菌の種類もそれぞれ違っているのです。

 

腸内で酢酸をつくり、悪玉菌を退治!

次にビフィズス菌の特長を見てみましょう。ビフィズス菌の最も注目すべき働きは、腸内で有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いでくれること。ビフィズス菌が生成する有機酸の中でも、特に酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の増殖防止に大きな効果があるとされています。これがビフィズス菌の最大の特長であり、長所といえるでしょう。他にも、葉酸などのビタミンB群をつくり、栄養素の吸収にも良い働きをするといわれています。

 

これらのことを理解すれば、ビフィズス菌がいつもよりありがたく思えてくるものです。これからは、腸内環境を美しく保つために、ビフィズス菌入りの食べ物や飲み物を毎日の食事に取り入れてみませんか?

 

森永乳業オンラインショップ
楽天市場でのご購入はこちら

スッキリの秘密
>