clock2013年11月14日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

病はお腹から?お腹不調がもたらす病気とは!

B

便秘はただ便が詰まっているのが気持ち悪いだけで、それ以外は何のリスクもないと思ってはいませんか?しかし、便秘を調べてみると意外と大きな病気に繋がっている場合があるのです。今回は、便秘が招く病気について掘り下げてみましょう。

 

最もポピュラーなのが「痔」

便秘が原因の病気として誰もが真っ先に思いつくのが「痔」です。では、なぜ痔になるのか。その過程をひもといてみます。まず、便秘になると、便は長く腸の中にいることになります。その間に、便からは水分が奪われて硬くなってしまいます。やっと排泄というときに、堅くなった便が肛門付近を圧迫して「いぼ痔」や「切れ寺」になってしまうのです。

 

最も怖いのが「大腸がん」

次に、便秘によってもたらされるといわれるのが大腸ポリープです。慢性の便秘によって腸内にとどまり続ける便が、多くの有害物質をつくり、この有害物質から発生した毒素は腸内環境を悪化させ、ポリープをつくってしまうことがあります。そのポリープが大きくなると便が当たって傷つき、出血することもあれば血便が出ることもあります。そして、それをそのままにしておくと、大腸がんになってしまうこともあるのです。

 

便秘が原因といわれている病気は他にも、高血圧や腸閉塞、アレルギー症状などがあります。普段から心地よいお通じを心がけることは、これらの大病から身を守ることに繋がるのです。普段から、善玉菌を育む飲料などで腸内環境をキレイに保ち、健やかな毎日を送りましょう。

スッキリの秘密
>