clock2013年11月25日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

おなかが張って苦しいのは、どうして?

20131121_5

たらふく食べたわけでもないのにおなかがポッコリ。しかも、圧迫されているような苦しさを感じるという方がいます。おなかが張るのは一体、何が原因なのでしょうか。今回はおなかの張りについて探っていきましょう。

 

おなかが張る原因はさまざま

おなかが膨らんで苦しい状態を専門的には「腹部膨満感」と言います。腹部膨満感の原因は妊娠や腹水など原因はいくつかありますが、ガスがたまっておなかが膨れ上がってしまったというケースが多いようです。この場合、「飲み込んでしまった空気がたまる」ケースと「腸内の細菌が発生させたガスがたまる」ケースに大きく分けられます。空気を必要以上に飲み込んでしまった結果、腹部膨満感を感じるのは、「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」というもので、精神的なストレスが原因です。こちらは医師の指導による治療が必要でしょうが、基本的にリラックスするのがいい薬になるようです。では次に、「腸内の細菌が発生させたガスがたまる」のはどう解決すればいいのでしょうか。

 

便秘がガスを増やす大きな要因!

胃腸は正常なときでもガスは発生しています。しかし、それらは血液やおならなどで適度に排出されているのです。しかし、腸の環境が悪くなるとガスが多く発生し、身体の中で処理しきれなくなるため、おなかが膨れてしまうのです。では、腸内の環境が悪くなりガスがたまる原因は何なのでしょうか。真っ先に考えられるのが、おなかの中に便がたまり、ガスを閉じ込めてしまっていることです。腸内にフタがされていれば単純にガスの逃げ場がなくなってしまいます。そして、便が詰まれば腸内環境はさらに悪化。悪玉菌が増えて腐敗ガスがさらに発生するという悪循環を起こしてしまうことになります。

 

まずは腸内環境を整えることから

このように便秘が続いていておなかが張るという方は、まず腸内環境を整えて、便秘を解消することを考えましょう。酷い便秘には薬が必要でしょうが、できるだけ自然に治したいもの。そのためにはまず、食物繊維と水分補給を摂ることと、軽い運動と規則正しい生活をすることからです。さらにラクチュロース飲料などで、腸内環境の善玉菌をサポートしてあげると、より早く効果が現れるかもしれません。

 

さぁ、あなたも早く便秘を解消して、おなかの張りにさよならしましょう。

スッキリの秘密
>