clock2013年12月26日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

知っていますか?トクホの審査は意外と大変!

tokuho-shinsa

いまではスーパーやドラッグストアなどでたくさん見かけるトクホの商品。これらの商品がトクホの許可を得るのに、どれだけの手間と時間がかかるかご存知でしょうか。今回は、意外と大変なトクホの審査についてご紹介しましょう。

 

トクホ獲得に立ちはだかる、6つの壁!

トクホの許可を得るまでのおおまかな流れを説明すると、まずメーカー側が「表示許可申請書」「審査申請書」「許可を受けようとする食品の分析用サンプル」の3つを揃えます。そして、それを消費者庁や独立行政法人 国立健康・栄養研究所などの登録試験機関に提出し、消費者委員会や厚生労働省など各省庁の細かなチェックを受けることになります。各省庁が行う6つの審査をクリアして、やっと消費者庁長官の許可を得られるというものです。これだけでもかなりの時間がかかるのが容易に想像できるでしょう。しかし、これ以上に大変なのが『申請前の準備』なのです。

 

実は申請前のデータ作成が一番大変!?

申請前がなぜ大変なのか。それは、申請時に必要な書類「審査申請書」の作成に理由があります。審査申請書はさまざまな資料を添付して提出しなければならないのですが、その中に「保健の用途、安全性等各項目別に使用した文献等」も求められています。そこには、「ヒトを対象とした試験を実施したうえで、健康の維持増進に役立つという有効性に関するデータと安全性に関するデータ」も添付しなければならないのです。そこには審査をクリアするだけの、しっかりとした科学的根拠とさまざまな実験から得たデータが必要になってきます。それをメーカー側が揃えるには、かなりの時間と労力がかかるのです。

 

メーカー側の長年にわたる努力と行政機関の厳しいチェックがあって、やっと市場に並ぶことができるのですから、トクホの商品なら安心して手に取ることができますね。あなたも毎日の健康づくりに、信頼のトクホを積極的に取り入れてみませんか。

 

森永乳業オンラインショップ
楽天市場でのご購入はこちら

スッキリの秘密
>