clock2014年01月20日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

腸内だけの問題じゃない!便秘が引き起こす症状

byoki

便秘で調子が悪くなるのは、腸だけだと思っていませんか?便が腸内にとどまって悪さをしなければいいのですが、便がとどまることでさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。今回は、便秘が引き起こす症状について迫ってみましょう。

 

便秘は痔から肌荒れや頭痛まで引き起こす!

まず、便秘が引き起こす症状をあげてみます。痔にはじまり、頭痛や腰痛、吹出物に肌あれ、食欲不振などがあげられ、動脈硬化やがんも、便秘が原因という人がいます。痔のように、便が直接的に関わっている症状はすぐに理解できます。しかし、肌荒れや頭痛など、腸から遠い身体の不調も便秘が原因とされているのはなぜでしょう。便秘になるとまず、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が栄えます。そして、悪玉菌が増えると腸内にはアンモニアやフェノールなどの有害物質が発生し、これが血液に乗って全身に巡りはじめます。血液中の有害物質は、頭や肌はもちろん全身に悪影響を及ぼし、さまざまな症状を引き起こすことになります。そのために、便秘は身体中にさまざまな症状を引き起こす元凶とされ、問題視されているのです。

 

病の元凶・便秘を撃退するには!

では、病のもとである便秘を防ぐにはどうしたらいいのでしょう。快適なお通じを得るならまず、毎日の生活習慣に問題がないか見直してみましょう。チェックするポイントは3つだけ。「バランスのとれた食事を3食ちゃんと取る」「ぐっすり寝る」「適度に運動をする」。これらを毎日続けることで、身体が排泄のリズムを覚え、便秘になりにくい体質になることでしょう。

 

また、この3つの習慣を身に付けるとともに、森永乳業の「毎朝爽快」など、おなかの調子を整える特定保健用食品を取り入れれば、快適なお通じをサポートしてくれることでしょう。

スッキリの秘密
>