clock2014年02月07日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

冬こそ温泉で身体ポカポカ!おなかスッキリ!便秘にいい温泉特集

onsen

寒い冬が続きますが、こんなときは温泉でのんびり過ごしたいもの。しかも、温泉の泉質を選べば、気になっている疾病の改善も期待できたりするので一石二鳥です。そこで、今回は特に便秘にお悩みの方のためにぴったりの温泉をセレクトしました。便秘にいいとされる泉質は、硫黄泉、二酸化炭素泉、塩化物泉、硫酸塩泉の4種類。その温泉を飲むとさらに効果が期待できるということで、飲泉できる温泉地を厳選してご紹介していきます。

 

某有名入浴剤のモデルの硫黄泉でスッキリ!
硫黄泉代表:岐阜県高山市の「新穂高温泉」

乳白色で腐った卵のような匂いがする温泉です。この温泉郷では井上靖や新田次郎の小説にも登場し、有名な入浴剤のモデルにもなっている「中崎山荘」が有名です。昔から湯治の宿として知られていましたが、平成22年に日帰り入浴施設としてリニューアルオープンしました。飲泉できるので、便秘の方はこの硫黄泉をいただくといいでしょう。

 

日本一の炭酸泉でシュワッとスッキリ!
二酸化炭素泉代表:大分県竹田市の「長湯温泉」

昔から炭酸ガスには血行促進に効果があるといわれ、炭酸系入浴剤がたくさん市場に出回っていますが、こちらは炭酸ガスの濃度や噴出量などから「日本一の炭酸泉」を誇る温泉です。温泉郷には飲泉できる温泉宿がありますが、町中にも飲泉場がいくつかあるので、お散歩がてら気軽に飲泉して便秘ケアができます。

 

四万の病を治すという名湯でスッキリ!
硫酸塩泉代表:群馬県吾妻郡中之条町にある「四万温泉」

そもそも、四万の病を治すといういわれがあることから、四万温泉と呼ばれ、「日本三大胃腸病の名湯」のひとつといわれるほど、湯治ではその名を轟かせる温泉郷です。こちらの温泉は入れば美肌になり、飲むとおなかに効くといわれています。飲泉できる温泉宿もあれば、町中には飲泉所もあるので、肌と便秘に悩む女子におすすめの温泉です。

 

源氏ゆかりの温泉でスッキリ!
塩化物泉代表:山形県南陽市の「赤湯温泉」

920年前に源義家の弟が見つけた、戦で傷ついた家来たちを湯に入れたらすぐ治ったという伝説が残る温泉です。塩化物泉の特長で湯冷めしにくく傷の治りを早くさせ、飲むと便秘に効果的といわれています。こちらの温泉郷にも飲泉できる温泉宿もあれば、1カ所ですが飲泉所もあり、便秘にいい温泉地と言えるでしょう。

 

さすが温泉大国・日本です。いろんな泉質の温泉が全国各地にあるものです。今回は4つの温泉地をご紹介しましたが、温泉の泉質と飲泉できるかどうかをチェックして、便秘にいい温泉を自分で探してみるのもいいでしょう。もし温泉に行くときには、旅のおともに、おなかスッキリをサポートする森永乳業の「毎朝爽快」もお忘れなく。

スッキリの秘密
>