clock2014年02月28日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

おなかの中は赤ちゃんだけ?妊婦が便秘になりやすい理由とは!

ninpu

ポッコリ膨らんだおなか。聞いただけでゾッとするという方もいるかと思いますが、女性にはうれしいこともあります。そう、妊娠している期間です。この時期の女性は、おなかの赤ちゃんに栄養を与えるため、よく食べよく飲む必要があります。ですが、困ったことに、妊娠している間は便秘になりやすい傾向に。今回は、なぜ妊婦は便秘になりやすいのか考えてみましょう。

妊婦が便秘になる3つの要因とは!

1. 黄体ホルモンが腸の動きを弱める

妊娠中、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が増えます。この黄体ホルモンは腸の収縮運動を抑えてしまい、便秘を招きやすくなってしまいます。

 

2. 子宮が大きくなって腸を圧迫する

おなかの赤ちゃんとともに、当然、子宮も大きくなっていきます。そして、子宮近くの腸を圧迫します。すると、腸はぜん動運動がしにくくなり、腸内の便も詰まりやすくなるのです。

 

3. 水分が便よりも赤ちゃんの方にまわされる

赤ちゃんが大きくなるには栄養はもちろん、水分も必要になります。妊娠すると、母親の身体は、水分も赤ちゃんの方にまわそうとします。すると、普段は便にまわされていた水分も、赤ちゃんの方にまわされるため、便が硬くなり便秘がちになってしまいます。

 

妊婦の腸内問題を解決する3つの方法とは!

1. 腸内環境を整えよう!

妊娠している身体はできるだけ薬に頼りたくないものです。まずは、いつもより動きにくくなっている腸の働きをサポートしてあげることを考えましょう。それには食物繊維を意識した食事を摂ること。そして、ビフィズス菌やオリゴ糖などで腸内の善玉菌を増やしてあげることです。

 

2. 軽い運動をしよう!

妊婦だからといって、動かずにいるとおなか周りの筋力も低下して、さらに便秘になりやすくなってしまうことに。ハードな運動は避けるべきですが、軽いお散歩やウオーキングを取り入れましょう。

 

3. 水分をしっかり摂ろう!

赤ちゃんに水分がまわされてしまうので、水分を意識して取ることが大事です。朝は腸を目覚めさせるためにコップ1杯のお水を、それ以外は身体をあたためるためにも、ノンカフェインのお茶を飲むようにするといいでしょう。

 

もし周りにおめでたの女性がいたら、人知れず便秘に悩んでいるかもしれませんので、この記事をこっそり教えてください。また、おなかの調子を整える森永乳業のトクホ「毎朝爽快」の存在も知らせてあげるといいでしょう。

スッキリの秘密
>