clock2014年09月05日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

汗の悩みをスッキリ解決!夏の汗だく防止テクニック!

sweat.min

今年の夏は気温も湿度も高い日が多く、いつもより汗をかく日が多いのではないでしょうか。メイクはくずれるし、匂いは気になるし…と、汗対策に手を焼いている方のために“すぐ効く汗対策”をご紹介しましょう。まずは少しでも体温を下げて汗をかかないようにする方法です。

リンパを使って効率的に身体を冷やす!

汗は、体温が上がると身体が体温を下げようとして出てきます。そのため、汗をかかなくするには、上がった体温を汗が出る前に冷やしてあげることです。冷やす箇所として効果的なのが“リンパ節”。身体を巡っているリンパ液はリンパ節に集まるので、ここを重点的に冷やせば体中を冷やせるのです。リンパ節は“首筋・鎖骨・脇の下・脚の付け根・ひざ裏”などにあるので、そのあたりを冷やしてあげるといいでしょう。その冷やし方についてですが…。

冷却グッズを上手に使う

最近はドラッグストアで冷却グッズがたくさん売られていますので、上手に取り入れてみるといいでしょう。出勤時などには、熱冷まし用シートを首の後ろに貼ってあげれば、頭はスッキリし、汗もかなり防げます。また、水を含ませて首に巻く冷感スカーフなども、効果てきめんです。また、簡単でおすすめしたいのが、冷凍庫に入れてある保冷剤をミニタオルに包んだ“即席保冷タオル”です。これを持ち歩いてこまめに首やひざ裏などに当て、冷やすといいでしょう。

手作りメントールスプレーを作る

次にご紹介したいのが、手作りメントールスプレーです。作り方は、消毒用エタノール50mlにハッカ油をお好みで10滴ほどをガラスのスプレーボトルに入れて混ぜるだけ(消毒用エタノールとハッカ油は薬局で手軽に入手できます)。メントールのヒンヤリ感が肌に心地よく、消臭もしてくれるので、夏の汗対策にはぴったり。汗が気になったときに、首やひざの裏、肘まわりにスプレーすれば、夏をよりクールに過ごすことができるでしょう。

胸まわりを締め付けて顔汗をストップ!

次に何も使わずに“顔汗”をすぐ止める方法をご紹介しましょう。汗の量を一定に保つという“皮膚圧反射”を利用して、乳輪のあたりをギュッと締め付けるというもの。女子の場合は、ブラのホックをいつもより一段キツくしたり、パッドを入れるだけでこのあたりが締め付けられ顔汗を防げるのです。舞妓さんもこの反射を利用して、着付けの際に胸を強く締め付けることでおしろいが落ちるのを防いでいたと言います。この方法を利用すれば、夏も涼やかな顔で過ごせることでしょう。

いろんな汗対策がありますが、あなたにはどの対策がぴったりでしたか?せっかく晴天でも、汗がイヤで外出を避けるなんてもったいないことですね。これらのテクニックをうまく利用して、夏をスッキリ爽快に楽しみましょう。また、朝のトイレもスッキリ済ませたいなら森永乳業のトクホ「毎朝爽快」がおすすめです。毎日の1本飲んでみてはいかがでしょうか。

 

森永乳業オンラインショップ
楽天市場でのご購入はこちら

スッキリの秘密
>