clock2016年06月30日
スッキリの秘密
Home ribon
ribon

ダイエットで便秘に!?便秘改善がダイエット成功の近道

ダイエットで便秘に!?便秘改善がダイエット成功の近道

梅雨にも突入し、夏へのカウントダウンが始まりましたね。夏に向けてダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか?順調にダイエットが進んでいれば良いのですが、
「便秘がちで思うように体重が落ちない…」
という悩みを持っている方もいるかもしれません。
なぜダイエットをすると便秘になってしまうのでしょうか?そして、スムーズにダイエット成功に導くためにはどうしたら良いのでしょうか?
今回はダイエットと便秘の関係について、ご紹介したいと思います。

夏に向けてはじめたダイエットに落とし穴あり!

ダイエットをすると多くの人が食事を制限することと思います。食事量が減ることで、便のかさが減るのはもちろん、食事から得る水分の減少も便秘の大きな要因となっています。実は便の約8割は水分なのです。
同時に栄養も偏り、快便に不可欠な食物繊維をはじめとした様々な栄養が不足することも便秘の大きな要因です。

ダイエットによるストレスも便秘の原因に!

食事制限など、ダイエット中は様々なことを「我慢」しなくてはいけません。それってすごくストレスがたまりますよね。
実はストレスを抱えることにより、消化器官にも悪影響を及ぼし、便秘になってしまうのです。
ダイエット中のストレスはリバウンドにもつながってしまうので、うまくコントロールしていかなくてはなりません。

便秘で負のスパイラルに!?

それでは便秘はダイエットにどのような影響を及ぼしてしまうでしょうか?ダイエット中に便秘になってしまうと、ダイエットどころか逆に痩せにくい体になってしまいます。
便秘になると腸の中に便が溜まったままになりますが、そのせいで本来は吸収されない脂肪や不要な栄養まで吸収し、皮下脂肪の増加につながります。
また、不要なものを吸収することで、血液もドロドロになってしまい、本来代謝に使われるはずのエネルギーが毒素の分解に使われてしまうため、代謝が悪くなってしまうのです。
「皮下脂肪の蓄積」に「代謝の悪化」。言うまでもなくどちらもダイエットの大敵です…。

肌荒れの原因も便秘にあり

また、便秘になると腸に溜まった便が腐敗し、有害物質やガスに変化します。これらは一刻も早く排出されるべきものですが、便秘となるとそうもいかず、腸壁から血液を通って皮膚から排出しようとするのです。これが肌荒れの原因となります。
便秘になると、痩せづらいどころか、お肌まで荒れてしまい“キレイ”とは程多い状態になってしまうのですね…。

便秘を改善する食事に切り替えるべし!

便秘のダイエットにおける悪影響をお話していまいりましたが、逆をいえば便秘が改善されればダイエットもスムーズに進み、健康的に痩せていくことができるはずです。

そこで大事なのがやはり食事を見直すこと。とくに食物繊維を積極的に摂ることが大切です。食物繊維には2種類あり、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」がありますが、この2つをバランスよく摂るのが大事で、どちらか一方だと逆に便秘がひどくなってしまうこともあります。不溶性食物繊維はごぼうや枝豆に、そして水溶性食物繊維は海藻類などに多く含まれています。
また、主食もパンよりはごはんの方が食物繊維が豊富に含まれています。
腸のぜんどう運動を活発にしてくれる豆やイモ類、カボチャなども効果的です。ヨーグルトや味噌、納豆などの発酵食品も食物繊維と一緒に摂取する便秘解消効果が期待できます。

ストレスを溜めないダイエットのコツ

食事制限だけでなく、ストレスも便秘の大敵。そこでダイエット中にストレスを溜めないこともとても大切です。
そこで、以下のことを意識すれば、少しはダイエット中の気持ちも楽になるのではないでしょうか?

・カロリー制限は1週間単位で行い、食べ過ぎた日があってもその週の中で調整すればOK。
・野菜を多めに食べ、肉を食べた次の日は魚を食べるようにする。
・「汁物→野菜→肉・魚→ごはん・パン」というように食べる順番を意識して血糖値の急激な上昇を防ぎ、体重増加を防ぐ。
・朝食:昼食:夕食=3:4:3の割合で食べる。
・間食はヨーグルトやフルーツを中心に。

食事を制限するのではなく、食事のルールを決めるのです。そうすることで我慢の少ない食事となりストレス軽減にもつながります。

ダイエット中は食物繊維をはじめとした食事の摂取と、我慢の少ない食事方法で便秘を防ぎながら行っていきましょう。

スッキリの秘密
>